飛蚊症の治し方!おすすめサプリメントはこれだ

飛蚊症に良いサプリ!

目の前に虫や糸くずのような影がチラつく「飛蚊症」。中高年に起こりやすい目の障害です。老化現象のひとつといわれますが、あきらめられない、治したい、せめて改善したいという方も多いはず。

 

飛蚊症には、ルテイン・アントシアニンなどの成分が有効です。目の機能の向上したり、目の老化防止に効果的です。当サイトは、ルテインを含む目に良いサプリを厳選し紹介しています。

 

めなりの特徴

めなりは、飛蚊症に有効なルテイン・ゼアキサンチンを高含有したサプリメントになります。1日あたりに計14.4mgと豊富に含まれます。また、ルテインの体内への吸収力を高めるために、ビルベリーも配合しています。これにより、通常よりも約1.8倍も目に浸透していきます。めなりは、飛蚊症はもちろん、疲れ目・ドライアイなどのトラブルにもおすすめです。

価格 980円
評価 評価5
備考 ルテイン・ゼアキサンチン・クロセチンほか

 

大正ブルーベリーの特徴

大正ブルーベリーは、ビルベリーのちからで飛蚊症の改善をサポートします。アントシアニンを多く含有するビルベリーを80r配合。さらに、目の機能UPのためのルテインを6r配合しています。溶けやすく吸収のよいソフトカプセルを採用。成分の酸化を防止するため、アルミ個包装になっています。飛蚊症の症状が出始めてきた方におすすめです。

価格 1,000円
評価 評価4
備考 ルテイン・ビルベリー

 

ルックルックベリーの特徴

ルックルックベリーは、ビルベリーとアサイーで飛蚊症の改善をサポートしてくれます。アントシアニンを多く含有するビルベリーに、同じくアントシアニンが豊富なアサイーをプラス。アサイーはビタミンやミネラルなどの栄養成分も豊富です。1日目安2粒のなかに、ビルベリー100r・アサイー100rを配合。さらに、ルテインやメグスリノキ、ビタミンEも配合しています。良い状態を維持したいという方におすすめです。

価格 1,000円
評価 評価3
備考 ビルベリー・アサイーほか

 

売れてる飛蚊症サプリの比較!

商品名 有用成分配合量 初回価格 おすすめ度
めなり 907円(税別)
大正ブルーベリー 1000円(税別)
ルックルックベリー 1000円(税込)

売れてる飛蚊症サプリを見てみる!

 

飛蚊症の手術はリスクが伴う

 

飛蚊症は視界に浮遊物が見える現象のことを言います。これは目の中で原因が起きていることによってそう見えてしまうのですが、特に眼球の中を満たしている「硝子体」というゲルの中で濁りが起きることで起きています。見え方には個人差があり、全く気にしない、自覚症状が無いという人もいれば、日常に支障が出るという人もいます。日常生活が困難な人はどうにか飛蚊症の煩わしさを取り除けないかと考えます。

 

しかし、病気が原因ではなくて「生理的な」飛蚊症の場合は治療法はなく、手術の手段もありません。もしも症状に悩まされていて手術などでの改善を強く希望する場合は、「硝子体手術」を行うことになります。硝子体手術とは、濁りが起きている硝子体を取り替えて症状を改善する手術です。

 

日常生活が困難なほどの症状ですと、飛蚊症あが視界のほとんどを埋めてしまうような状態です。そんな状態はとても不安ですし、不便なものでしょうね。どうにかして治せないものかという希望で、または、症状を心配したり気にしたりすることがストレスになり症状を悪化させてしまう恐れがあるため、希に手術を行うことがあります。

 

但しこの手術には大変なリスクが伴います。眼球の手術は、それだけで失明のリスクが付いてくるのです。海外では手術を行うことがありますが、日本ではほとんど認知されていないのが現実です。

 

このようなリスクを背負って行う手術よりも、食生活の見直しなどで行っていく治療で症状とうまく付き合うようにしたほうが良いでしょう。その場合は長期で継続して行わなければいけませんが・・・。安全をとるか大きなリスクのある手術をとるか、ですね。もう一つは、できるだけ気にしすぎないようにすることで、ストレスを溜めないようにして飛蚊症を少しでも軽減させる策です。

 

手術では、生理現象で起きる飛蚊症の、根本的原因までは取り除けないでしょう。そのため、手術を施して一度は改善しても再発することが心配されます。飛蚊症がその他の病気の合併症で起きている場合などは、尚更ですね。

 

飛蚊症の治し方

 

視界に浮遊物が見えるのが気になる飛蚊症。飛蚊症の症状の悪化を抑えるために対策を取りたいですよね。できるだけ気にしないようにするのが悪化させないための秘訣ですが、それには飛蚊症のメカニズムについて知っておくと、いろいろと役に立つかもしれません。今回は飛蚊症のメカニズム・・・どのようにして飛蚊症が起きるのかという事と、どう対策すればいいかもご説明いたします。

 

目は光を受けて、脳に色を伝達し、瞳に景色を映し出します。光を受ける際、空からの紫外線も一緒に浴びることになります。この紫外線は体内で、活性酸素を作り出します。活性酸素とは身体の細胞や組織を酸化させ、老化させてしまうものです。

 

目から入った紫外線は、眼球の中を満たしているゲル状の物質「硝子体」の中に活性酸素を生み出してしまいます。活性酸素は硝子体の組織を壊して繊維を剥がしてしまったり、硝子体の形を変えてしまったり、目の奥にある網膜から出血させてしまいます。硝子体の形が変わってシワができたり、網膜の出血が硝子体に流れてしまうことで、濁りを作り、視界に影を落として飛蚊症になるのです。

 

目の組織を酸化させる活性酸素・・・本来なら活性酸素は体内で分泌される酵素によって分解されます。しかし老化によって酵素は減少し、活性酸素を分解できず飽和状態にさせます。また、若くても、スマートフォンやパソコンの使用で目の疲労が強い人はうまく目の部分で酵素の機能が働きかけられず、活性酸素の被害を受けて飛蚊症になることがあります。

 

飛蚊症は、目に入った紫外線が活性酸素を作り出すことで起きてしまうのですね。紫外線から目を守るためには、屋外では帽子やサングラスをするのが良いでしょう。紫外線は晴れの日に限ったものではありません。曇りの日、雨の日でも降ってくるものなので、できるだけ身に付けるものを忘れないようにしましょう。

 

目に紫外線を浴びても、活性酸素を分解する酵素が体内に十分存在していれば安心ですね。酵素は年を取ると不足してしまいますが、食品やサプリメントから摂取して補うことができます。食事内容の見直しなども飛蚊症対策になるのですね。

 

そして、せっかく補給した酵素の効果を十分に発揮できるように、目への負担を減らして、過度の眼精疲労を避けることです。仕事でパソコン作業をしたり、スマートフォンでゲームをすることが日常になっている人も多いと思います。

 

目の疲れやかすみを感じたら、疲れを癒す効果のある目薬をさすのも良いです。目を休ませる時間をいままでより多く取ることで、これまでの生活よりも随分目に良い状態になるでしょう。

更新履歴